深大寺鬼燈まつりについて

深大寺鬼燈まつりとは

gallery-sando-5
gallery-sando-1
gallery-arch-4

深大寺鬼燈まつり(ほおずきまつり)は、提灯に見立てたほおずきを並べ、精霊たちをお迎えする深大寺の夏の風物詩です。

寺・地元市民・商店主・ボランティアなどが立ち上げたお祭りで、深大寺の境内や参道で ほおずき市 を中心に 手作り市 パフォーマンスライブステージ 八観音めぐり などが開催されます。 深大寺界隈全体を様々な催しで盛り上げる、お子さんからご年配の方までお楽しみいただけるお祭りです。

2018年の深大寺鬼燈まつりは7月20日(金)~22日(日)の3日間、深大寺手作り市は7月15日(日)16日(月・祝)の2日間で開催予定です。みなさまのご来場、お待ちしております!

ほおずき市

content-hozuki

深大寺鬼燈まつりでは、参道と境内に鮮やかな橙色のほおずきが並びます。今年も鉢ほおずきと枝ほおずきを販売予定です。

ほおずき市について

手作り市

content-handmade

布小物・アクセサリー・ガラス・木工・和小物などを作り手本人が販売する、モノを通じて人と人との縁をつくる寺社マルシェです。

手作り市について

パフォーマンス

content-performance

今年の深大寺鬼燈まつりでも、昔ながらの紙芝居をはじめ猿回しや大道芸のパフォーマンスが登場予定です。

パフォーマンスについて

八観音めぐり

content-rally

深大寺の境内にまつられている八つの観音様をスタンプラリー形式で巡ることで、お参りと深大寺散策を楽しめる催しです。

八観音めぐりについて
inserted by FC2 system